2016年3月14日月曜日

CALC関数において小数点以下の数値を出すことができるようになりました

診断の中で数式を計算できるCALC関数ですが、

これまで小数点以下の数値については、自動的に四捨五入され、0と表示されるようになっておりました。
この度、CALC関数の中で小数点以下何位までを表示するかを設定できるようになりました。

1÷3という数式を計算すると
1÷3=0.333333333...
となりますが、この例を元に以下に説明をします。


従来の関数 =CALC( 数式 )


従来のCALC関数では、
(例)=CALC( 1/3 )
→変換後:0
小数点以下で四捨五入されるため、0と表示させることしか出来ませんでした。


修正後の関数 =CALC( 数式 [, 桁数] )


今回の修正により、CALC関数内の数式の後ろに「 , 桁数 」を 入れると、小数点以下何桁目で四捨五入するか、を設定することが出来ます。

(例)=CALC( 1/3 , 2 )
変換後→ 0.33
このように、設定した小数点以下2位の部分で四捨五入されるようになります。

桁数を入力しない場合は、従来どおり小数点以下が四捨五入されます。
 
また、桁数の部分においてマイナスの数値を入れると整数部分にて四捨五入されます。
(例)=CALC( 555 * 555 , -3
変換後→ 308000
555*555=308025となりますが、整数部分の3桁目で四捨五入しているため、308000という表示になります。


以上となります。
ぜひご活用いただけますと幸いです。

また、不具合・バグ等がございましたら恐れ入りますが、
当サイトのTwitterアカウントにご連絡いただけますと幸いです。
 
今後とも診断メーカーをよろしくお願い致します。

診断メーカートップページ
診断作成ページ

2016年3月4日金曜日

CALC関数の記述方法における変更点

先にお伝えしましたIF関数の公開に伴い、
関数は全て先頭に「=(イコール)」の記号をつけるルールに統一させていただきたいと思います。

そのため、既に公開されている、CALC関数(数式の計算ができる関数)も、今後は
=CALC(数式)
と、先頭にイコールをつけるようにしてください。
過去に作られた診断は、今までどおり計算が実行されます。

診断作成画面における入力補助機能については、
全ての関数の先頭にイコールの記号をつけておりますので、そちらをご利用いただけますと幸いです。

今後とも診断メーカーをよろしくお願い致します。

診断の内容に応じて表示内容を変えられる「IF関数」を公開しました

この度、「診断の内容に応じて表示する文章を変えることができるIF関数」を公開しました。

これにより、例えば「数字が80以上ならば"合格"、それ以外は"不合格"と表示させる」ことが出来るようになります。

また、複数の条件があり、「すべて正となった場合」や「いずれかが正となった場合」といった形で表示内容を切り替えたい場合のために
AND関数OR関数も用意しました。

これらの詳細は、診断作成画面の説明項目にてご確認いただけます。

今回の関数によって、さらにバリエーションに富んだ診断が作成できるようになると思います。ぜひご活用いただければと思います。

今後もさらにいくつかの関数を追加していこうと考えております。

また、不具合・バグ等がございましたら恐れ入りますが、
当サイトのTwitterアカウントにご連絡いただけますと幸いです。

今後とも診断メーカーをよろしくお願い致します。

診断メーカー

2016年1月21日木曜日

「ランクイン履歴」「グラフ」を公開しました

このたび、「ランクイン履歴」ページ、及び「グラフ」ページを公開しました。

このページでは、 自身が作成した診断が「デイリーランキング 」にランクインした記録を、確認する事ができます。

デイリーランキングでは、診断された回数を日別に集計し、日々の人気診断トップ200を確認できますが、
これまでご自身で作成した診断がランクインしたかどうかを確認するには、日ごとに一覧を確認しなくてはなりませんでした。

たくさん診断を作成いただいていたり、診断を作成してから日数が経ってしまった場合など、 せっかくランキングに入っていても、全てを確認しづらい状況となっておりました。

しかし、今回公開した「ランクイン履歴」ページによって
「自身が作成した診断が、◯月◯日に何位にランクインしたか」
を一覧で確認することが出来るようになりました。

また、さらに「順位推移グラフ」のページにて、個別の診断のランキングの推移をグラフで確認出来るようにもなりました。

グラフサンプル画像

グラフは「ランクイン履歴」 ページから開くことが出来ます。

これによって、 一つの診断のランキングが作成した日から現在までどのような推移をたどってきたかを視覚的に確認することができます。
「気づかないうちにランキングに入っていた」
「かなり以前作成した診断が突然上位に浮上していた」
「ある診断が毎年特定の時期に人気が出ている」
など、新たな発見があるかもしれません。

これらのランクイン履歴やグラフは、ご自身で作成した診断のみ、閲覧する事ができます

また、グラフはデイリーランキングのトップ200に一度でも入っていないと、表示することができませんので、ご注意くださいますようお願い致します。

ぜひご活用いただけますと幸いです。
今後とも診断メーカーを宜しくお願い致します。

診断メーカートップページ
ランクイン履歴ページ


2015年11月4日水曜日

マイページにて非公開の診断が「◯◯人突破」と表示される件について

マイページでは、作成した診断が、ある程度の人数に達すると、
「◯◯◯◯(診断名)が◯◯◯人を突破!」
と表示される機能があります。

先日2015年10月27日、1000人以下における突破人数のチェック設定を調整しました。

これまでは、100人・300人・500人に達すると突破のお知らせを表示しておりましたが、
この調整によって
100人・200人・300人・400人・500人・600人・700人・800人・900人と、
100人刻みで突破のお知らせを表示するように致しました。

ところが、今回設定にミスがあり、非公開になっている診断についても、
突破記録をチェックする機能が働いてしまっておりました。

この突破記録のチェックは基本的に診断ページが表示された際におこなっているのですが、
診断が非公開でエラーと表示された際にも、裏側でチェックをしてしまっておりました。

例えば、ある診断において、診断人数が「600人」を超えた状態で診断を非公開にした場合、
その診断のURLを開いた際に、
表示としてはエラーになりますが、裏側では人数をチェックしてしまっており、
設定変更前にチェック対象となっていなかった「600人」を新たに「突破した」と記録してしまっておりました。
その結果、非公開にしているはずの診断が、マイページ上で「600人突破」と表示されてしまっていたことになります。

実際は非公開になる前にその人数を突破していたにもかかわらず、
今回の新たなチェック設定が非公開の診断に適用されてしまったため、新たな記録として表示されてしまいました。
ご心配をおかけして大変申し訳ございませんでした。

現在、この機能は修正されており、非公開になっている診断については、突破記録のチェックを行わないようになっております。

また非公開にしているはずの診断が公開されていたわけではございませんのでご安心ください。

マイページ上の表示については、調整を行わせていただきます。

この度は大変申し訳ございませんでした。
今後とも診断メーカーを宜しくお願い致します。

2015年11月2日月曜日

セキュア通信(SSL/TLS通信)に対応しました

診断メーカーはみなさまに、より安心して当サイトをご利用いただけるよう、「セキュア通信」に対応致しました。

「セキュア通信」とは、「暗号化通信」「SSL/TLS(Secure Socket Layer / Transport Layer Security)通信」などとも呼ばれ、インターネット上でやり取りする情報を暗号化することで、安全にデータの送受信をおこなうことができる仕組みで す。

セキュア通信をすると、ご利用のウェブブラウザのアドレスバーに表示されているURLが、https://shindanmaker.comと、先頭がhttpではなくhttpsとなり、アドレスの先頭に「鍵」のマークが表示されます。(ウェブブラウザの仕様によって表示の仕方は異なります。)

例1)iOS版Safariでは先頭に鍵マークが表示されます。

例2)PC版Chromeでは、鍵マークに加え、グリーンでhttpsと表示されます。


現在、フィーチャーフォン(ガラケー)以外でのアクセスは
http://〜 でアクセスした場合でも、強制的にhttps://に転送されるようになっております。

詳細はこちらでもご確認いただけます。
今後とも診断メーカーを宜しくお願い致します。

2015年10月16日金曜日

「登録済みリスト」を公開しました

診断を作成する時に、リストでよく使用される値を、運営側が「登録済みリスト」として用意しました。
これにより、作成画面に容易に挿入でき、入力の手間が省けます。

現時点でリストに挿入できる値としては、
  • 連番の数値(これは開始と終了の値を入力する事ができます。)
  • 日付(365日分)
  • 47都道府県
の3種類となっております。

ご利用手順

1.診断の作成画面において、「リスト」の項目の中に「ツール」というボタンがあります。


2.これを開くと、挿入ツールが開きます。
このツールでは、リスト内に[USER]や[RESULT1]といった値を挿入できるボタンなどがあります。
この中に、「登録済みリスト」というメニューのボタンがあります。

 3.「登録済みリスト」ボタンを押すと、「登録済みリストの選択画面」が表示されます。今回は、日付のリストの挿入ボタンを押します。


 4.日付(365)の「リスト1に挿入」ボタンを押すと、作成画面のリスト1の項目内に、1月1日〜12月31日までの365個の値が挿入されました。



このリストの種類はまだ少ないですが、 ぜひご利用頂けますと幸いです。
この登録リストの内容は随時追加していく予定です。




今後とも診断メーカーを宜しくお願い致します。

診断メーカートップページ
診断作成ページ