2010年3月28日日曜日

【お知らせ】2017年2月に仕様変更を行い、変数[RESULT1]は[LIST1]へと変更されました。過去の記事において[RESULT1]と記載されている場合は[LIST1]と置き換えてお読み下さいますようお願い致します。その他の変更内容は→ こちら

診断の作成ページを一部修正

下記について修正を行いました。

1.文字数チェック機能の修正
今まで「診断結果1~5」の最大文字数を合計して100文字以内としておりましたが、これでは不十分でした。

「[USER]は『[RESULT1][RESULT2][RESULT3][RESULT4][RESULT5]』です。」といった「診断結果テキスト」などが長いと、全体で140文字を超えてしまい、最後にTwitterにつぶやくことが出来ない事がありました。

したがって、「診断結果1~5」の最大文字数に加え、「診断結果テキスト」から[RESULT1]などを消したテキストの文字数と「ハッシュタグ」の文字数も合計し、100文字以内になっているかをチェックするようにしました。

2.診断結果テキスト、診断結果に「@」を入れられないようになりました。
診断結果に @shindanmaker などを入れると、そのつぶやきが結果的に無関係な人にreplyされてしまう事があるという指摘がございましたので、診断を作成するとき、診断結果テキストや、診断結果1~5に「@」の文字列は入れられないようにしました。
ご了承下さい。

以上、宜しくお願いいたします。