2011年12月26日月曜日

【お知らせ】2017年2月に仕様変更を行い、変数[RESULT1]は[LIST1]へと変更されました。過去の記事において[RESULT1]と記載されている場合は[LIST1]と置き換えてお読み下さいますようお願い致します。その他の変更内容は→ こちら

ログインのシステムが新しくなりました

Twitterのアカウント名を変更後、診断メーカーで新アカウント名を引き継ぐ仕組みの導入について というページにて、新しい仕組みの導入および不具合について状況をご報告しておりましたが、不具合が解消され、またログインのシステムも無事変更が完了しましたので、改めてこちらのページでお知らせを致します。

Twitterでアカウント名を変更すると、診断メーカーで過去に作った診断が新しいアカウント名に引き継がれるようになりました。
これまでTwitterでアカウント名を変更しても、診断メーカー内ではそれが引き継がれないという問題がございました。これまでご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。これにより、Twitterでアカウント名を変更後、診断メーカーにログインすると、自動的に旧アカウント名で作成された診断が、新アカウント名に更新されるようになりました。

※Twitterでは変更が可能なアカウント名の他に、ずっと変わる事のないTwitter_idという数値データがあり、そのデータを元に今回の対応を行なっております。

新アカウント名でログイン後、引き継がれずに旧アカウント名のまま残っていた診断データを、新アカウントに移行しました。
移行されたデータは以下のような例です。
  • 診断メーカーにTwitterのAというアカウント名でログインし、診断を作成
  • Twitterにてアカウント名をBに変更し、 再度診断メーカーにログイン
  • (この時Aで作成した診断はAのまま残っておりました。)
  • その後Bのアカウント名で診断を新たに作成。
  • Aで作成した診断は別の一覧に残っており、編集することが出来ない。
このような場合の、Aとして作成された診断を、 Bに移行されました。
これによりBの作者ページの中に過去にAで作成された診断が表示されるようになったかと思います。

[注意事項]次のような場合は、一部の診断が一覧から表示されなくなります。
  • 診断メーカーにTwitterのAというアカウント名でログインし、診断を作成
  • TwitterでAというアカウントを削除、または別のアカウント名に変更
  • Twitterで別のアカウントを取得し、Aという過去と同じアカウント名を再度取得。
  • 改めて診断メーカーにTwitterの新しいAのアカウントでログイン
  • (この時、アカウント名が同じであるため、データが引き継がれておりました。)
  • 新旧Aのアカウントで作成された診断がそれぞれ編集が可能。
このような場合、今回の対応によって、旧アカウントAで作成された診断は一覧から表示されなくなりました。
これは、一度使用されなくなったTwitterのアカウント名を別の方が取得し、診断メーカーにログインすることで、過去に作られた診断を編集できてしまう、というリスクを払拭するためです。もしこちらの件にてお困りになっている場合はお手数ですが一度運営者までご相談下さい。

以上、宜しくお願い致します。

2011年12月25日日曜日

【お知らせ】2017年2月に仕様変更を行い、変数[RESULT1]は[LIST1]へと変更されました。過去の記事において[RESULT1]と記載されている場合は[LIST1]と置き換えてお読み下さいますようお願い致します。その他の変更内容は→ こちら

Twitterのアカウント名を変更後、診断メーカーで新アカウント名を引き継ぐ仕組みの導入について

12月25日 午前8時
これまでTwitterでアカウント名を変更しても、
診断メーカーではその変更が引き継がれないという問題がございましたが、
現在(12月24日から25日午前8時現在)その問題の解消に向けて新しい仕組みを導入中です。
過去にアカウント名を変更した場合、古いアカウント名で作成した診断はそのまま残った状態になっておりますが、
今回の仕組みの導入により、過去のアカウント名で作成した診断も現在のアカウント名に変更されるようになります。

しかし現在一部のユーザー様(作者様)においてデータが正常に表示されない不具合が起きております。
大変申し訳ありませんが、今しばらくお待ち頂けますようお願い致します。

12月25日 午前11時30分 追記 
不具合の調整のため、昨夜より一部アップデートをかけていたデータを元の状態戻しました。
正常に表示されない不具合は一旦解消されております。
ご迷惑をおかけし申し訳ございません。
(現時点で新機能は実装されておりません。)

不具合の原因を突き止めた後、改めて以下の対応を行いたいと思います。
  • 古いアカウント名で作成されたままとなっている診断を、現在のアカウント名にアップデート
  • Twitterでアカウント名変更後に診断メーカーにログインすると新アカウント名を引き継ぐ機能の実装
不具合解消の時間もございまして、完了予定日時は未定となっております。
完了次第、こちらで改めてアナウンスさせて頂きます。

12月26日 午後3時55分
不具合が解消され、新機能を実装完了しました。
詳しくは 以下のページをご確認下さい。
http://shindanmaker.blogspot.com/2011/12/blog-post.html

2011年12月24日土曜日

【お知らせ】2017年2月に仕様変更を行い、変数[RESULT1]は[LIST1]へと変更されました。過去の記事において[RESULT1]と記載されている場合は[LIST1]と置き換えてお読み下さいますようお願い致します。その他の変更内容は→ こちら

PC・スマートフォン用のツイートリンクの仕様を変更しました

 診断メーカーPC版にて表示される
「結果をTwitterでつぶやこう」というリンクは
これまでTwitterのWeb Intentsで紹介されている
https://twitter.com/intent/tweet?text="診断結果のテキスト"
という形にしておりました。

しかし、数日前よりこのリンクを開くとツイートするウィンドウが複数開いてしまうという現象が発生しておりました。
この問題はTwitterの公式ウィジェット(みんなの診断結果のタイムライン)を取り除くと解消されることが判明しましたが、このウィジェットは引き続き利用したいと思い別の方法を検討しておりました。

そこで、TwitterのTweet buttonにて紹介されている
https://twitter.com/share?text="診断結果のテキスト"
にて試したところ上記の問題が解消されることが分かり、今回変更しました。

またiPhone版、Android版はこれとはまた異なり過去の仕様をそのまま残しており、
iPhone : http://mobile.twitter.com/home?status="診断結果のテキスト"
Android : http://twitter.com/home?status="診断結果のテキスト"
と、それぞれ異なる設定にしていたのですが、事情によりPC版と同じリンクに統一致しました。

AndroidではリンクのURLによって起動するアプリ(Twitterクライアント)を選択出来る機能があるのですが、
リンクが変更された事によってこれまで起動出来たアプリが起動出来ない・選択リストに表示されない場合があります。大変申し訳ありませんが、ご了承の程お願い致します。

今回の対応はPC版での複数ウィンドウの問題が解消された場合、元に戻す可能性があります事をご了承下さい。
その際はこちらのブログにて再度お知らせ致します。

以上宜しくお願い致します。

追記:
2012年2月6日 PC版の仕様を元に戻しました。