2015年11月4日水曜日

【お知らせ】2017年2月に仕様変更を行い、変数[RESULT1]は[LIST1]へと変更されました。過去の記事において[RESULT1]と記載されている場合は[LIST1]と置き換えてお読み下さいますようお願い致します。その他の変更内容は→ こちら

マイページにて非公開の診断が「◯◯人突破」と表示される件について

マイページでは、作成した診断が、ある程度の人数に達すると、
「◯◯◯◯(診断名)が◯◯◯人を突破!」
と表示される機能があります。

先日2015年10月27日、1000人以下における突破人数のチェック設定を調整しました。

これまでは、100人・300人・500人に達すると突破のお知らせを表示しておりましたが、
この調整によって
100人・200人・300人・400人・500人・600人・700人・800人・900人と、
100人刻みで突破のお知らせを表示するように致しました。

ところが、今回設定にミスがあり、非公開になっている診断についても、
突破記録をチェックする機能が働いてしまっておりました。

この突破記録のチェックは基本的に診断ページが表示された際におこなっているのですが、
診断が非公開でエラーと表示された際にも、裏側でチェックをしてしまっておりました。

例えば、ある診断において、診断人数が「600人」を超えた状態で診断を非公開にした場合、
その診断のURLを開いた際に、
表示としてはエラーになりますが、裏側では人数をチェックしてしまっており、
設定変更前にチェック対象となっていなかった「600人」を新たに「突破した」と記録してしまっておりました。
その結果、非公開にしているはずの診断が、マイページ上で「600人突破」と表示されてしまっていたことになります。

実際は非公開になる前にその人数を突破していたにもかかわらず、
今回の新たなチェック設定が非公開の診断に適用されてしまったため、新たな記録として表示されてしまいました。
ご心配をおかけして大変申し訳ございませんでした。

現在、この機能は修正されており、非公開になっている診断については、突破記録のチェックを行わないようになっております。

また非公開にしているはずの診断が公開されていたわけではございませんのでご安心ください。

マイページ上の表示については、調整を行わせていただきます。

この度は大変申し訳ございませんでした。
今後とも診断メーカーを宜しくお願い致します。

2015年11月2日月曜日

【お知らせ】2017年2月に仕様変更を行い、変数[RESULT1]は[LIST1]へと変更されました。過去の記事において[RESULT1]と記載されている場合は[LIST1]と置き換えてお読み下さいますようお願い致します。その他の変更内容は→ こちら

セキュア通信(SSL/TLS通信)に対応しました

診断メーカーはみなさまに、より安心して当サイトをご利用いただけるよう、「セキュア通信」に対応致しました。

「セキュア通信」とは、「暗号化通信」「SSL/TLS(Secure Socket Layer / Transport Layer Security)通信」などとも呼ばれ、インターネット上でやり取りする情報を暗号化することで、安全にデータの送受信をおこなうことができる仕組みで す。

セキュア通信をすると、ご利用のウェブブラウザのアドレスバーに表示されているURLが、https://shindanmaker.comと、先頭がhttpではなくhttpsとなり、アドレスの先頭に「鍵」のマークが表示されます。(ウェブブラウザの仕様によって表示の仕方は異なります。)

例1)iOS版Safariでは先頭に鍵マークが表示されます。

例2)PC版Chromeでは、鍵マークに加え、グリーンでhttpsと表示されます。


現在、フィーチャーフォン(ガラケー)以外でのアクセスは
http://〜 でアクセスした場合でも、強制的にhttps://に転送されるようになっております。

詳細はこちらでもご確認いただけます。
今後とも診断メーカーを宜しくお願い致します。