2019年11月6日水曜日

ツイートする際の仕様変更およびハッシュタグについて

数点のお知らせがあります。

ツイートする際の仕様変更 - ツイートするテキストに、#shindanmaker が追加されます。

これまでに、当サイトを利用してTwitterでツイートする際、作成時に設定されたハッシュタグは付与されましたが、当サイトの診断結果であることを示す共通ハッシュタグは付与されていませんでした。
しかしこれまでに「 #shindanmaker などの共通ハッシュタグをつけてほしい」という多くのご要望をいただいていました。

これは、当サイト関連のツイートをタイムラインに表示させたくないため、 #shindanmaker をTwitterのミュートワードに指定することで、それが実現できるという理由によるものです。

Twitterでは、表示させたくない文字列を「ミュートキーワード」に登録することで、その文字列を含むツイートがご自身のタイムラインに表示されないようになります。しかし、このミュートキーワードはURLを対象にしません。したがって、shindanmakerをミュートキーワードに指定しても、タイムラインには当サイトのURL(shindanmaker.com)を含むツイートが表示されてしまいます。
もし、#shindanmaker のような共通のハッシュタグがツイートに常に含まれていればこれをミュートキーワードにすることで、正しくミュートすることができるようになります。

このご要望について長く悩んで来ました。
理由の一つはツイートできる文字数が少なくなってしまうこと、もう一つは、ミュートキーワードの対象にいずれURLが含まれるようになるのでは、と考えていたからです。
しかしそのようなご要望を持っている方が多くいらっしゃることを鑑み、ミュートキーワードの対象にURLが含まれる事を待つよりも、共通ハッシュタグを追加して早くご要望にお応えした方が良いと考えるに至りました。

従いまして、今後の当サイトで診断をした診断結果をTwitterでツイートする際のテキストには、常に #shindanmaker が付与されるようになります。
何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

当サイト、診断メーカーに関連するツイートをミュートしたい方は、恐れ入りますが今後 #shindanmaker をミュートワードに追加していただけますようお願い致します。
> ミュートの詳細設定オプションを使用する方法

当サイトにおいて診断に設定されたハッシュタグがTwitterトレンドに掲載された後のルールについて

当サイトにて診断を作成いただく際に、Twitter用のハッシュタグを設定する事ができますが、このハッシュタグがTwitterのトレンドワードとして表示されることがあります。

このTwitterトレンドのワードは詳細な仕組みは分からないものの、急激に多くのTwitterユーザーが使用しているワードとして、文字列やハッシュタグが一覧として表示され、ある程度の時間が経つと順位が下がっていくものである、と理解しています。

例えば、当サイトで作成された診断に紐付いたハッシュタグがTwitterトレンドにあがり、時間が経ってトレンドの順位が下がり、最後に表示されなくなった時に、当サイトではその診断が依然活発に利用されていたとします。
もし、ここで設定している作者様がハッシュタグを変更するとTwitterでは新たなトレンドワードとしてトレンドに掲載される事があります。

当サイトとしては、これまでこのハッシュタグの変更については大きな問題は無いと考えておりましたが、最近になり、Twitterの「プラットフォームの操作とスパムに関するポリシー」に抵触する恐れがある事を危惧するようになりました。
そして、一度ハッシュタグがTwitterトレンドに掲載された後はしばらくそのハッシュタグを変更できないようにした方が良いと判断するに至りました。

そのため、今後の新しいルールとして「診断に設定されたハッシュタグがTwitterトレンドに掲載された事が確認された日時から72時間はハッシュタグを変更できない」というルールを設定しました。
作者の皆様には、誠に恐れ入りますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

報告数により、Twitterトレンドに掲載されたハッシュタグやキーワードをツイートのテキストに含めない措置を講ずる場合があります

診断が利用規約に違反している場合、一定数の報告が集まると診断が自動で削除されるようになっております。
しかし、当サイトの設定した削除対象の数値には至らないものの、その診断に関連するハッシュタグがTwitterトレンドに掲載され続ける場合があります。

このようなときに「トレンドに掲載されている診断メーカー由来のハッシュタグが卑猥、暴力的な内容であるため、ハッシュタグや診断を削除するべきである」というご意見を多くいただくことがあります。

当サイトとしては削除するほどの規約違反ではないものの、関連するハッシュタグがTwitterトレンドに掲載されることによる拡散性、当サイトを利用しないTwitterユーザーへの影響などを考え、以下のような対応をするように致します。

診断を削除する対象となる報告数とは異なる報告数を設定し、
そして今後、一定数の規約違反の報告がなされ、その時その診断に関連するワードがTwitterトレンドに掲載されている場合は、ハッシュタグ(または関連するワード)をツイートのテキストに含めない措置を講ずる場合があります。
これによって、ツイートのテキストにトレンド関連のハッシュタグが含まれなくなるため、Twitterトレンドからはそのハッシュタグが早い段階で消えるようになると推測します。

以上が今回のお知らせとなります。
作者様にはいくつかのルール変更があり、ご不便をおかけする事になり大変申し訳なく思いますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

今後とも診断メーカーをどうぞよろしくお願い致します。