2011年4月28日木曜日

【お知らせ】2017年2月に仕様変更を行い、変数[RESULT1]は[LIST1]へと変更されました。過去の記事において[RESULT1]と記載されている場合は[LIST1]と置き換えてお読み下さいますようお願い致します。その他の変更内容は→ こちら

診断結果で組み合わせられる項目数を5から「10」に増やしました

ツイッター診断メーカーでは、
診断結果1~5までに、それぞれ255個までの値を設定でき、
それぞれが組み合わさることで最大1兆パターンの診断結果を作りだすことが出来ました。

このたびアップデートを行い、「診断結果10」にまで増やしました。
(また、微調整ではございますが、1つの診断結果に設定できる値の数を1つ増やし256個としました。)

これにより、組み合せられる診断結果の最大数はこれまでの
255個の5乗による1兆パターンから
「256個の値」と「診断結果10項目」によって
256個の10乗となり、1𥝱(じょ)パターン以上まで大幅に増加しました。
※𥝱(じょ)は万・億・兆・京(けい)・垓(がい)・𥝱となり、25ケタにも及ぶ途方も無い数です。

ぜひご利用下さい。
診断作成画面はこちら→ http://shindanmaker.com/c/make