2018年6月11日月曜日

「フォロー」「ミュート」機能を公開しました

■フォロー機能

この度、診断メーカー内のユーザーをフォローできる機能を公開しました。
フォローすると、マイページで「フォローしたユーザーの新着診断」 を確認することができるようになります。

ぜひお気に入りの作者さんをフォローし、新たに公開された診断をいち早くお楽しみいただけたらと思います。

▼フォローの方法

各診断ページの作者名リンクを開いたとき、または作者ページに、「作者をフォローする」というボタンが表示されています。こちらのボタンを押すことでフォローが完了します。




▼マイページにおける新着診断の表示

マイページのお知らせ欄には「フォローユーザーの新着診断」として時系列に表示されます。


▼フォローされたユーザーにもお知らせ

フォローされたユーザーにも、マイページのお知らせ欄にて「○○さんにフォローされました」というお知らせが表示されます。


▼フォローできる人数は200人まで

フォローできるユーザーは現時点で200人までとしています。今後、状況に応じて変更を検討します。



■ミュート機能

お気に入りの作者さんがいる一方で、内容が好みに合わない作者さんもいるかと思います。

そのため、今回「ミュート機能」も同時に公開しました。

作者をミュートすると「新着診断」や「検索結果」などにその作者の診断が表示されなくなります。

また現在の仕様では、ミュートをしていても一部のページ(HOT・PICKUP等のランキングや「みんなのつぶやき」などのツイート一覧)では非表示にはなりませんが、そのまま診断ページを開くと「ミュート中」と表示され、診断をすることはできない形としています。


▼ミュートの方法

ミュートの方法はフォローとほぼ同じです。作者ページ等に設置されている「ミュートボタン」を押すことでミュートは完了です。もちろん、ミュートは作者に通知されることはありません。


▼ミュートできる人数も200人まで

現時点ではミュートできる人数も200人としています。こちらも今後の状況に応じて変更を検討します。



これらの機能は数年前から考えていたものでしたが、いくつかの課題をクリアする必要があり、それらを経てようやくリリースすることができました。

ぜひご活用いただけますと幸いです。

今後とも診断メーカーをどうぞ宜しくお願い致します。
https://shindanmaker.com/

2018年5月31日木曜日

「ツイート機能の無いログイン」を廃止しました


これまで「ツイート機能あり」のログインと、「ツイート機能なし」のログインの2つのログインを行うために、Twitterの開発者サイトにおいて、2種類のアプリケーションを用意しておりました。

しかし、Twitter社より「同一・類似した複数のアプリケーションを同一のウェブサイトで使用することが開発者ポリシーに抵触する」との指摘を受けました。

そのため残念ですが、今回「ツイート機能なし」のログインを廃止することと致しました。
こちらの機能でログインをされているユーザー様には誠に申し訳ございません。

そもそも、従来は「ツイート機能の無いログイン」機能のみでしたが、
昨年いくつかの理由からツイート機能ありのログインを公開した際に、ツイート機能のないログインを残した経緯がありました。

これは、Twitter上にはびこるスパムアプリ(Twitterの連携をしたあとユーザーの意図しないところで勝手に宣伝ツイートを行うアプリ)による被害を受け、「勝手にツイートされるため書き込み権限のあるアプリとはもう連携したくない」というユーザー様向けに残したものでした。(当サイトを装ったスパムも多数存在し「診断メーカーと連携すると勝手にツイートされる、乗っ取りされる」という風評被害への対応でもありました。)

Twitter上のスパムが駆逐されればこのように2つのログイン方法を提示する必要もなくなります。
この問題は少しずつ改善しているようですが、「勝手にツイートされた」「Twitter 乗っ取り」などでTwitter検索をすると依然多くのツイートがなされているようです。
完全な解決にはまだ時間がかかるようです。
このスパムアプリの問題がいつか解決されるよう願っています。
今後とも診断メーカーを宜しくお願いいたします。
https://shindanmaker.com/

2018年3月22日木曜日

マイページに「運営からのお知らせ」を表示するようにしました

マイページに、「突破記録」や「お気に入り」などのお知らせに加えて、
「運営からのお知らせ」も表示させるようにしました。

運営からのお知らせは、新機能や仕様変更など重要なお知らせがあり、これらの情報をより皆様にお伝えしやすくするためマイページにも表示することにしました。


現在、表示されているお知らせは2017年1月以降のものとなっています。
今後新たなお知らせはこちらに随時追加されます。

ぜひご活用いただけますと幸いです。
今後とも診断メーカーをよろしくお願いします。

マイページ - 診断メーカー(ログインが必要です)
診断メーカー


2018年3月20日火曜日

Twitterトレンドページを公開しました

診断メーカーでは、診断を作る際にツイッター用のハッシュタグをつけることが出来ます。

そしてこのハッシュタグが時々、Twitterにおいてトレンドワードとして掲載されることがあります。

今回、診断メーカー内でもこのTwitterのトレンドが確認できるように、
Twitterトレンドのページを公開しました。






このトレンドワードはTwitterAPIを通じて数分おきに更新されます。
そして、このトレンドワードの中に、当サイトで作成された診断のハッシュタグが存在する場合、該当する診断を表示するようにしています。

また、このトレンドに上がっている診断には、トレンドを示すラベルが付与されます。




このラベルは診断ページだけでなく、一覧ページなどにも表示されます。


ぜひご活用いただけますと幸いです。
今後とも診断メーカーを宜しくお願い致します。

Twitterトレンド
診断メーカー

2018年3月16日金曜日

お気に入りに「タグ」付けが出来るようになりました

以前、ユーザー様よりいただきましたリクエストを、リリース致しました。
お気に入りにタグ付けをすることで、タグごとに絞り込み検索することができる機能となります。

お気に入りに登録する画面もリニューアルしました


これにともない、「お気に入りに追加する画面」も一新しました。
お気に入りに追加する画面を開くと、下記のように、「タグ」という項目が表示されます。



ここに、タグを登録すると、ご自身のお気に入りリストのページおいて、タグごとに検索をすることが出来ます。

タグは、1回に最大10個まで、一つあたり最大20文字まで登録することが出来ます。

一度登録したタグは、「マイタグ」としてお気に入り登録画面にも表示され、クリックするだけで登録できるようになるため、再度入力する必要はありません。

また、将来的にこれらのタグの一部を「ユーザータグ」として診断ページに表示する事を検討しています。
全てのタグではなく、人気があって一定の数に達した物、という形で検討しております。

ぜひご活用いただけますと幸いです。
今後とも診断メーカーを宜しくお願い致します。

診断メーカー

2018年2月23日金曜日

マイページをリニューアルしました

この度、マイページをリニューアルしました。
今後マイページには新たな機能を追加する予定で、今回はそれに向けたリニューアルとなります。

マイページの一新


これまでのマイページは、
  • 作成した診断における診断人数の突破記録
  • 診断がお気に入りされたお知らせ
を別々に表示していましたが、これらを統合し、一つのタイムラインとして時系列に表示するようにしました。

そして、これに加えて、
  • デイリーランキングで上位(TOP10)に入った時のお知らせ
も表示するようにしました。
これらの各項目ごとに絞り込んで表示する事も可能です。



診断データページの新設


これまでマイページのメニューの中に「ランクイン履歴」という項目があり、
作成した診断がデイリーランキングに入った記録を確認することが出来ましたが、
今回診断の「データ」ページを新設し、
  • 診断人数の突破記録の履歴
  • 順位チャート(従来のランクイン履歴)
  • お気に入りされた履歴
を診断ごとに確認出来るようになりました。
 

 診断メーカーのマイページは以下よりご確認頂けます。(ログインが必要となります。)
https://shindanmaker.com/c/mypage


以上です。
ぜひご活用いただけましたらと思います。

今後とも診断メーカーをどうぞ宜しくお願い致します。



2018年2月9日金曜日

診断に「バレンタイン」というテーマが入っていると配色が変わるようにしました

今回、診断に「バレンタイン」というテーマが付けられていると、ページの配色が変わるようにしてみました。


以前より、ユーザー様が作成する診断の配色を変えられる機能、という事を考えてはいたのですが、なかなか仕様の検討事項が多いため、実現できずにおりました。

そこで、運営側で特定のテーマがついている診断ページの配色を変えてみる事を試験的に実施することに致しました。
今回はバレンタインデーが近いため、「バレンタイン」というテーマについて対応致しました。

これは恒久的な対応とするか、一時的な対応とするかは検討事項としております。
例えば、バレンタインデーが過ぎたら配色を従来の色に戻すかも知れません。

また、バレンタイン以外でもハロウィン、クリスマスなど、いくつかの季節的な事柄にも対応ができると考えており、今後も検討していきたいと考えております。

今回はぜひ「バレンタイン」の診断をお試しいただけましたらと思います。
[バレンタイン]がテーマの診断

また「バレンタイン」がテーマの診断も作成いただけますと嬉しいです。
テーマ[バレンタイン]の診断を作成する


今後とも診断メーカーを宜しくお願い致します。