2017年12月21日木曜日

280字に拡大されたTwitterの文字数制限に対応しました

先日、TwitterのアップデートによりTwitterの投稿可能な文字数が140字から280字まで拡大され、より多くの文字が投稿できるようになりました。

ただし、日本語・韓国語・中国語などの全角文字は1字でTwitter上では2字とカウントされるため、例えば全て日本語で書かれたテキストは今まで通り140字までしか投稿できません。しかし、全角文字が中心のテキストに半角英数・記号が含まれる場合は、140字以上の投稿が出来るようになりました。

診断メーカーでは、診断結果で表示されるテキストがTwitterの文字数制限を超えている場合、Twitter(や、その他SNS)へ投稿するためのテキストを文字数制限に合わせて自動的にカットする機能を設けています。

今回、その「テキスト自動カット機能」をTwitterの280字に合わせるように対応しました

これにより、半角英数・記号等を使用している診断は、これまでよりも多くの文字数を使用することが可能になります。


以上となります。
今後とも診断メーカーを宜しくお願い致します。