2011年12月26日月曜日

【お知らせ】2017年2月に仕様変更を行い、変数[RESULT1]は[LIST1]へと変更されました。過去の記事において[RESULT1]と記載されている場合は[LIST1]と置き換えてお読み下さいますようお願い致します。その他の変更内容は→ こちら

ログインのシステムが新しくなりました

Twitterのアカウント名を変更後、診断メーカーで新アカウント名を引き継ぐ仕組みの導入について というページにて、新しい仕組みの導入および不具合について状況をご報告しておりましたが、不具合が解消され、またログインのシステムも無事変更が完了しましたので、改めてこちらのページでお知らせを致します。

Twitterでアカウント名を変更すると、診断メーカーで過去に作った診断が新しいアカウント名に引き継がれるようになりました。
これまでTwitterでアカウント名を変更しても、診断メーカー内ではそれが引き継がれないという問題がございました。これまでご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。これにより、Twitterでアカウント名を変更後、診断メーカーにログインすると、自動的に旧アカウント名で作成された診断が、新アカウント名に更新されるようになりました。

※Twitterでは変更が可能なアカウント名の他に、ずっと変わる事のないTwitter_idという数値データがあり、そのデータを元に今回の対応を行なっております。

新アカウント名でログイン後、引き継がれずに旧アカウント名のまま残っていた診断データを、新アカウントに移行しました。
移行されたデータは以下のような例です。
  • 診断メーカーにTwitterのAというアカウント名でログインし、診断を作成
  • Twitterにてアカウント名をBに変更し、 再度診断メーカーにログイン
  • (この時Aで作成した診断はAのまま残っておりました。)
  • その後Bのアカウント名で診断を新たに作成。
  • Aで作成した診断は別の一覧に残っており、編集することが出来ない。
このような場合の、Aとして作成された診断を、 Bに移行されました。
これによりBの作者ページの中に過去にAで作成された診断が表示されるようになったかと思います。

[注意事項]次のような場合は、一部の診断が一覧から表示されなくなります。
  • 診断メーカーにTwitterのAというアカウント名でログインし、診断を作成
  • TwitterでAというアカウントを削除、または別のアカウント名に変更
  • Twitterで別のアカウントを取得し、Aという過去と同じアカウント名を再度取得。
  • 改めて診断メーカーにTwitterの新しいAのアカウントでログイン
  • (この時、アカウント名が同じであるため、データが引き継がれておりました。)
  • 新旧Aのアカウントで作成された診断がそれぞれ編集が可能。
このような場合、今回の対応によって、旧アカウントAで作成された診断は一覧から表示されなくなりました。
これは、一度使用されなくなったTwitterのアカウント名を別の方が取得し、診断メーカーにログインすることで、過去に作られた診断を編集できてしまう、というリスクを払拭するためです。もしこちらの件にてお困りになっている場合はお手数ですが一度運営者までご相談下さい。

以上、宜しくお願い致します。