2017年2月20日月曜日

【お知らせ】2017年2月に仕様変更を行い、変数[RESULT1]は[LIST1]へと変更されました。過去の記事において[RESULT1]と記載されている場合は[LIST1]と置き換えてお読み下さいますようお願い致します。その他の変更内容は→ こちら

診断作成における仕様変更・新機能のお知らせ

このたび、診断作成において、大幅な仕様変更を行いました。

変数名の変更、一部の機能の廃止と、それに代わる機能の公開など、今回の仕様変更は多岐に渡るためご利用者の皆様には混乱を招くかも知れず、誠に申し訳ございません。

診断メーカーの持つ一部の機能に以前よりいくつかの問題点がありましたが、 最近追加された関数機能やチャート機能などにより、それらの問題点がより浮き彫りになってきました。

今回の大幅な仕様変更は、その問題点を解決した上で、更に便利に利用できるようにしたものです。
何卒ご理解いただけますよう宜しくお願い致します。
※2/21 追記
アップデート後、更に挿入ツール内のLIST変数挿入ボタンの機能を一部変更しました。
そのため、スクリーンショット画像を一部差し替えており、昨日公開時と現在の画像が少し異なります。

1.変数 RESULT が LIST へ変更されました



各リストに設定した値を表示する変数[RESULT1]-[RESULT10]が[LIST1]-[LIST10]へ変更されました。 

 ▼説明

これは、 最初は「診断結果リスト」の「結果」を表す変数として「RESULT」とおりましたが、現状の各リストは「リスト1、リスト2、」という呼び名となっており、これらを表す変数は[LIST1]、[LIST2]、、とした方が分かりやすいだろうと判断し、変更するに至りました。

この仕様変更のため、過去に作られた診断は、すべて[RESULT]を[LIST]に変更させていただいております。 これらは診断の編集時にご確認いただけます。

※この後、説明に登場する[LIST1]、[LIST2]、といった表現は、旧仕様の[RESULT1]、[RESULT2]のことを指しています。ご留意下さいますようお願い致します。

2.オプション「同じリストを複数使う時」の廃止 / 「枝番」機能の公開


オプションの「同じリストを複数使う時=ランダムな値を表示する」(診断結果テキストに[LIST1]を複数並べても、診断結果では[LIST1]が同じ値にならず、ランダムに値が表示される機能)が廃止されました。
その代わりに[LIST1][LIST1_1][LIST1_2]と枝番をつけることで同じリストから異なる値を表示させることのできる「枝番」機能を公開しました。

▼説明

 「同じリストを複数使うとき=ランダムな値を表示する」という機能が登場した経緯

例えば1〜100の100個の値をリスト1に入れて、[LIST1]を設置し、
更に別の1〜100の値を表示させたいと思った場合、リスト2にも1〜100の100個の値を入れて、[LIST2]を設置する必要がありました。

そこで、「同じリストを複数使うとき=ランダムな値を表示する」という機能を公開し、[LIST1]、[LIST1]と2つ並べても、リスト1から別の値を表示させることができるようになりました。

問題点

しかし、この機能には大きな問題がありました。
  1. このオプションは診断結果すべてに適用されるため、ランダムに表示させたくないリストとランダムに表示させたいリストが混在している場合でも、すべてランダムになってしまう
  2.  [LIST1]、[LIST1]、[LIST1]と並べたとき、すべてがランダムに選ばれた後、「2番目に出力された内容」を再度使用したいと思ってもその方法がない
といった問題です。
特に2番目の問題は、IF関数やチャート機能の登場により、[LIST]変数が多用されるようになった中で、どうしても解決したい内容でした。

枝番機能の公開

そこで、【同じリストを複数使うとき】というすべての[LIST]変数をランダムにしてしまう機能を廃止し、[LIST]変数で別の値を表示させたい時だけ利用できる「枝番」機能を新たに公開しました。

枝番機能により、
[LIST1]をいくつ並べても同じ値が表示されますが、
[LIST1_1]と枝番をつけることによって、別の値を新たに表示させることができます。
もちろん、[LIST1_1]を複数並べればやはり同じ値が並びます。
また新たに別の値にしたい場合は[LIST1_2]と新たな枝番をつければ良いのです。
あとになって最初に使用した[LIST1]を設置すれば、最初に設置した[LIST1]と同じ内容が表示されます。

このように、枝番機能によって、上記の問題を解決できるに至りました。

過去に作られた診断で、「同じリストを複数使うとき=ランダムな値を表示する」と設定されていた診断は、自動的に、すべての[LIST]変数に枝番を付けております。
編集時にご確認下さい。

3.オプションの「重複させない」の廃止 / 「リストオプション」機能の公開

診断結果で、一度表示させたリストの値と同じものをその後表示させないように出来るオプション「重複させない」が廃止されました。
その代わりに一度使用された値を「残すか消すか」をリストごとに設定することが出来る「リストオプション」機能をリリースしました。

▼説明

「重複させない」機能も、上記の「同じリストを複数使うとき=ランダムな値を表示する」に関連した機能でした。
この機能をオンにした状態では、1つの診断結果で生成される文章において、一度[LIST]変数によって使用された値は、二度と表示されません。

しかしこの機能も大きな問題を抱えていました。
  1. 重複させない機能は診断結果全体に適用されていたため、リスト1で使用された値が、リスト2に入っていた場合も消されていた。つまり、重複させたくないリストと重複しても良いリストが混在していたとしても、すべてに適用されてしまっていた。
  2. 一度使用された値が二度と使用されない、という設定であったため、例えば麻雀やトランプのように「決まった母数のものを配布させる」といった要望において機能しなかった。
そこで、この重複させるかさせないかを「リストごと」に設定できるようにしたのが「リストオプション」です。

一度使用された値の扱いを、以下の4つに選択することが出来るようになりました。
  1. 「残す」 =再び使用される可能性を残す
  2. 「消す(1つだけ)」=麻雀やトランプで配布するように、一度使用されたらその1つだけ消えていく
  3. 「消す(同リストの同じ値すべて)」 =一度使用された値と同じ値は、同じリストからは二度と出てこない
  4. 「消す(全リストの同じ値すべて)」=一度使用された値と同じ値は、すべてのリストから二度と出てこない
従来の「重複させない」という機能はこの4の機能に当たります。
そのため、過去に作成された診断で、「重複させない」がオンになっているものは、自動的にすべてのリストオプションで4が選択されている状態になっています。
編集時にご確認下さい。

4.オプションの「縦書き」の廃止 / 「VERTICAL関数」の公開

診断結果の文章をすべて縦書きに変換することのできるオプション「縦書き」が廃止されました。その代わり、指定した一部分だけを縦書きに変更できる「VERTICAL関数」を公開しました。

▼説明

俳句・川柳など、縦書きで表現出来る「縦書き」オプションですが、このオプションは廃止され、VERTICAL関数という名の関数として生まれ変わりました。
これによって、横書きと縦書きを混在させることができるようになります。
ここで一句
―――――
=VERTICAL(
ふるいけや
 かわずとびこむ
  みずのおと
)
―――――
↓関数変換後↓
ここで一句
―――――
    ふ
  か る
み わ い
ず ず け
の と や
お び
と こ
  む
―――――
このように、VERTICAL()関数を用いれば、縦書きにしたい部分だけを縦書きにすることが出来ます。

過去に作成された診断で、縦書きオプションがオンとなっていた場合、自動的に診断結果基本テキストのすべての文字列が=VERTICAL()関数の中に入っている状態として変換されています。
編集時にご確認下さい。

5.変数[SUM-LIST1]が「SUMLIST関数」に変更

[LIST1](旧[RESULT1])を複数使用した際に、数値を一括で合計する変数[SUM-LIST1](旧[SUM-RESULT1])は、「SUMLIST関数」に変更されました。これにより、=SUMLIST(1,2)と、複数のリストから出力された数値を一度に合計することが出来ます。

▼説明

元々このSUM-LISTはオプションの「同じリストを複数使うとき=ランダムな値を表示する」によって表示された[LIST]変数の数値を合計するために変数として用意したものでした。本来であれば関数として扱うべきだと判断し、関数に変更しました。

6.作者名の公開・非公開設定機能を廃止

作者名を公開・非公開で設定できる機能を廃止しました。
今後新規で診断を作る際にはこの機能は利用できなくなり、すべて作者名が公開される設定となります。
既に過去に作られた診断で、作者名が非公開であるものは今まで通り非公開のままとなります。また、これら過去の診断を編集する際も、今まで通り作者名の公開・非公開の設定を変更出来ます。

▼説明

匿名で診断を作成できる機能の廃止については、

「診断結果を二次利用(イラスト化等)したいが、作者名が公開されていない。問い合わせをする方法は無いか」 という問い合わせを何度かいただいたことが、一つのきっかけでした。
現状では、診断を匿名で投稿されている場合、作者様に連絡を取る事が出来ません。このようにポジティブなアクションを行いたい時に連絡を取る方法が無いのは勿体無い状況であると感じていました。

また、現在投稿されている診断の約8割が作者名を公開している点や、
Twitterでは複数のアカウントを管理することが以前よりもさらに容易になっている点などを鑑みて、このたび匿名での投稿機能を廃止するに至りました。


何卒ご理解いただけますようお願い致します。

※ただし、匿名で公開できなくなるのは、今後新規に作成する診断です。
過去に匿名で公開された診断は引き続き匿名のまま公開され続けますし、
編集をしても作者名の公開・非公開を変更することが出来ます。

7.作成済み診断を別のアカウントに移行したい場合

もし、作成した診断を別のTwitterアカウントに移行したいという場合は、以下のページをご確認いただき、運営までご連絡下さい。
Q&A 「作成した診断を別のアカウントに移行したい

お知らせは以上となります。
ご不明な点がございましたら 診断メーカーサポートアカウント @shindanmaker_cs にご連絡いただけますようお願い致します。
 
今後も機能を追加していく予定です。
引き続き診断メーカーをどうぞ宜しくお願い致します。

診断メーカートップページ
診断作成ページ