2016年9月8日木曜日

【お知らせ】2017年2月に仕様変更を行い、変数[RESULT1]は[LIST1]へと変更されました。過去の記事において[RESULT1]と記載されている場合は[LIST1]と置き換えてお読み下さいますようお願い致します。その他の変更内容は→ こちら

円グラフの合計値を設定できるようになりました

円グラフの各値の合計値を設定できる「TOTAL」を追加


チャート関数で、PIEチャート(円グラフ)を利用する際、
「円グラフの各数値の合計を任意の数値にする」ということが難しい状況でした。

例えば、「全体で100%になる」というコンセプトの円グラフでも、
円グラフの各値の領域をクリック/タッチするとその値の数値が表示され、「各数値を合計してみると100にならない」という状態が起きていました。


そこで、今回、チャート関数に、新たなパラメータ TOTAL を追加しました。
[USER]さんのカレーの内容
=CHART(
               TYPE:PIE,
               DATA:[
                              肉: [RESULT1],
                              じゃがいも: [RESULT1],
                              たまねぎ: [RESULT1],
                              ニンジン: [RESULT1],
               ],

              
TOTAL:100,
)

TOTALを設定していない場合、
この時各値で割り振られた数値が、
肉: 2,
じゃがいも: 3,
たまねぎ: 4,
ニンジン: 5,
という数値だとすると、円グラフ上の各値は、上記の数値がそのまま表示されます。

ここで、 TOTAL:100 と設定した場合、
各数値の割合はそのままに、数値の合計が100になるよう計算し直します。
肉: 14,
じゃがいも: 21,
たまねぎ: 28,
ニンジン: 37,

これによって、円グラフ上の各数値の合計が100になります。
※四捨五入、および端数を調整するため若干の誤差はあります。

このパラメータはPIEチャート(円グラフ)のみで利用可能です。

ぜひ、ご活用いただければと思います。
今後とも診断メーカーを宜しくお願い致します。

診断メーカー トップページ
診断メーカー 診断作成ページ